自分で修理する場合にかかる費用

スマホは自分で修理出来る時代

iPhoneの修理が出来る拠点は日本全国あらゆる場所にあります。これまで携帯電話の修理と言うとメーカーに預けて行うものでしたが、スマホ時代になってからは気軽に街中の修理店でも行える様になっています。その背景には、スマホ自体の爆発的な普及による修理ニーズの高まりとそれに合わせて増えた汎用品のパーツの充実があります。裏を返すと、汎用品のパーツさえ手に入れば誰でも修理が出来てしまう状況にあると言えるでしょう。実際にパーツは大手通販サイトなどでも販売されており、誰でも手に入れる事が可能です。また、修理の仕方に関しても、動画投稿サイトなどに映像で配信されているので、ある程度の心得がある人であれば誰でも自分で修理が出来る環境になっていると言えます。

店舗に依頼する場合の半額程度で修理が出来る

実際に修理をする場合、どれくらいの費用の差が生まれるかと言うと、例えば液晶ガラスの修理の場合、正規店では1万円以上、非正規店では7千円前後、自分で修理する場合は3千円前後で行う事が出来ます。なお、この金額はモデルによっても異なりますが、負担の差をイメージするのに良いデータです。非正規店は汎用品のパーツを使っているので正規店よりも安いですが、そこに技術代が含まれます。その点、自分で行う場合、技術代分がそのまま浮くのでパーツ代だけで済みます。ガラスの修理程度で高額な料金を支払うのに抵抗がある方や修理に関する多少の心得とパーツを自力で入手する事が苦で無い方は、自身で修理をするのがコストパフォーマンスとしては高い方法と言えるでしょう。

iphone修理を天神で行うメリットは豊富な選択肢にあります。正規店からメーカー公認の修理店、更には非公式の修理店まで様々な選択肢があるので好みに合わせて選ぶ事が出来ます。